トイプードル しつけ 吠える




私の飼っている犬はトイプードル。トイプードルのしつけでは吠えることで特に悩みました。


半年から一歳になるかならないかの頃から、しつけを始めました。


トイプードルのしつけや吠えることについて、しっかりと雑誌やネットでしらべてしつけをしたつもりでしたが、とにかく何にでも吠えてしまうことにこまっていました。


トイプードルのしつけがよくなかったのか、宅急便や郵便のインターホンやお隣さんの物音などでさえも吠えていたので困っていました。


それだけであればそれほどの害はなかったのですが、散歩中や来客があったときにも吠えていたので、それが一番の悩みとなりました。


それを解決した私の方法は、スキンシップを大事にするっこと。


トイプードルのしつけをどうのこうの考えるよりも、とにかくスキンシップをとって、人は怖くないことを教えました。


最初は家族の中だけで行い、慣れてきたら親族や友達といった風に少しづつ他人に慣らしていきました。


それでも少々怯えたような態度は治りませんでしたが、初めに比べるとなんでもかんでも吠えるといったことは無くなりました。


たぶん、今までただしいとおもっていたトイプードルのしつけ方法がまちがっていたんだと思います。今ではほんと吠えません。


しつけ方法をかえてからは、たとえば散歩中にすれ違った人に吠えてしまった場合ですが、すれ違った人が承諾してくれたらおやつを与えて頂くようにしていました。


おやつを与えることによって人と会うことは嬉しいことだと思わせることで、吠えることを止めさせようとしました。その結果、散歩中に吠えることは全く無くなりました。


こんな感じでわたしのトイプードルが無駄吠えをしなくなって、個人的にはとてもハッピーになりました。


おかげで、臆することなく散歩に出かけることができるようになり、愛犬家の集まりにも積極的に参加できるようにもなりました。


トイプードルのしつけ・吠えることに対する考え方ひとつで犬も変わるものです。私のトイちゃんが、わたしの生活の幅を広げてくれて、とても感謝しています♪


わたしがこのようになって思うのは、けっして犬に無理をさせてはいけないということ。



無理にしつけようとすると、より一層警戒心が生まれ、逆効果になってしまうと思います。吠えたりすることも個性の一つと思い、長い目で付き合っていくことが重要だとおもいます♪


>>わたしのしつけを変えてくれたイヌバーシティ

 

サイトマップ